1910年代フランスの風刺雑誌が見た飛行機

恋の夢 1910年7月2日号

1894年に創刊されたフランスの風刺週刊誌『Le Rire』(=笑い)は、1971年に廃刊となるまで、長く人気を集めた雑誌です。
ちょうど創刊時にドレフュス事件(フランス陸軍大尉のスパイ冤罪事件)が起き、その流れで閣僚や軍人は頻繁にターゲットとされました。

空飛ぶ時代 1910年8月6日号

20世紀初頭は、フランス庶民が裕福になり、余暇が増えた時期で、雑誌の購入者も右肩上がりとなりました。『Le Rire』は第1次世界大戦中に人気雑誌としての地位を確立しますが、ほぼ同時に、不穏な世相を受け、暗い漫画が増えていきます。

戦争 1915年11月20日号

未来予想図がちらほら載っているのは確かなのですが、多くは風刺で、当時の時代背景を知らないとまったく意味がわかりません。そこで、未来予想とはやや異なりますが、当時、登場したばかりの飛行機がらみのものを掲載しておきます。1914年の大戦勃発以降、暗い飛行機漫画が増えていくのもポイントです。

なお、出典はフランス国立図書館のオンラインデータベース「ガリカ」より。

墜落 1917年6月23日号
飛行場 1917年11月24日号