アメリカへの移民があふれ出す

アメリカの週刊誌『Judge』は、ライバル誌『Puck』から離脱したスタッフたちが、1881年10月に創刊した風刺雑誌です。1890年代初頭には、発行部数5万部を超える人気雑誌に成長します。
名編集者ハロルド・ロスが独立し、1925年に『The New Yorker』を創刊したことで、『Judge』は低迷期を迎えます。そして、1932年に月刊となり、1947年に廃刊となりました。

以下、『Judge』よりテーマ別に未来画像を公開していきます。出典はグーグルブックスです。

移民が自由の女神を侵食する(1890年3月22日号)
移民が自由の女神を侵食する(1890年4月12日号)

「アメリカ=自由の女神」を移民が支配するという構図は定番です。2番目の画像の右側が欠けているのは、グーグルブックスのスキャンミスです。

 

移民排斥(1890年5月3日号)
日本化したアメリカ(1894年5月26日号)