画像発掘!
これが日本初の長編アニメ!
 日本初の長編アニメ『桃太郎の海鷲』の画像をたまたま発掘できたので、公開しておきましょう。

桃太郎の海鷲


 とりあえず、日本アニメの歴史をひもといておくと……。

 日本初のテレビアニメは手塚治虫の『鉄腕アトム』(1963)と言われています。手塚は1961年に「手塚治虫プロダクション動画部」を設立するんですが、アニメの制作に異常に執念を燃やしていたのは有名な話です。

 それでは、手塚がアニメに燃えるきっかけはなんだったんでしょうか? 実は、終戦間際、大阪松竹座で上演された『桃太郎海の神兵』というアニメを見て感動したからというのが通説。

 この『桃太郎海の神兵』は74分の白黒アニメで、オランダ領インドネシアで行われた海軍空挺部隊の落下傘攻撃を題材としています。監督は瀬尾光世。瀬尾は、手塚も愛読した『のらくろ』を動画化(『のらくろ一等兵』『のらくろ二等兵』ともに1935年制作)するなど、当時、有名なアニメ作家でした。

『桃太郎海の神兵』制作の2年前(1942年)、瀬尾は海軍から突然の呼び出しを受けます。前年(昭和16年)12月8日に行われた真珠湾攻撃をテーマに、戦意高揚アニメを作れと命じられたのです。そこで完成したのが『桃太郎の海鷲』で、これが日本初の長編漫画映画とされています。

 たった37分のアニメで、隊長桃太郎が猿と犬とキジの部隊を指揮して、鬼ヶ島(鬼畜米英)を撃破するという単純なストーリーでした。それでも娯楽のなかった時代でしたから、公開直後から大ヒットを記録、こうして軍はプロパガンダ映画の重要性に気づくのでした。

 そんなわけで、以下『桃太郎の海鷲』コマ送りです。

桃太郎の海鷲(1)桃太郎の訓示
「攻撃目標は鬼ヶ島艦隊主力と赤鬼空軍の撃滅である。
月月火水木金金における猛烈な訓練はこのためである。
だんじて鬼ヶ島を撃滅せよ」

桃太郎の海鷲(2)作戦の説明をする桃太郎
桃太郎の海鷲(3)訓示を聞く犬部隊の勇姿
桃太郎の海鷲(4)猿部隊の勇姿
桃太郎の海鷲(5)キジ部隊の勇姿
桃太郎の海鷲(6)甲板上に爆撃機が勢揃い
桃太郎の海鷲(7)ウサギ部隊に見送られて
桃太郎の海鷲(8)鬼ヶ島軍港を目指し出発!
桃太郎の海鷲(9)大編隊を見送る桃太郎艦長
桃太郎の海鷲(10)鬼ヶ島軍港の上空に達し……

桃太郎の海鷲
(11)撃沈していく鬼ヶ島艦隊!!


<データ>
『桃太郎の海鷲』 (芸術映画社)  1942年完成、1943年3月25日公開(企画:海軍省報道部)
    ※画像は『週刊少國民』(朝日新聞社・昭和17年11月1日号)より転載しました。
『桃太郎海の神兵』(松竹動画研究所)1944年完成、1945年4月12日公開
戦争とプロパガンダ映画について

桃太郎の海鷲
敵弾を受けて難航を続ける桃太郎爆撃機

広告
© 探検コム メール