秘密 of 北沢楽天の世界

秘密

rakuten5.jpg
金輪梨郎君「鍛冶屋さん、さぁこっちへお入り。実は発動機の新案ができたので……」

「その雛形を君にごくごく秘密でこしらえてもらいたいのだが、人に覗かれるといかないから、暑いけれどもこの障子を閉めておいて……」

「さてこれから私の設計図をお目にかけよう。いやいや、まだいかん。読者が見ている」

「幾十万の読者にこの秘密を見られては、障子を閉めたとて間に合わない」

「うまいことがある。こっちへおいで。これなら読者にも見られないから」

「どうだうまいだろう」「なるほど妙案ですなぁ」
紙の裏で「なんと世界無類新案の発動機だろう。これなら確かに一等賞だ。あははは。読者もさぞ見たかろう」