婦人が公民権を得るまで of 北沢楽天の世界

婦人が公民権を得るまで

rakuten33.jpg
昔は家の都合で女を売る。さながら道具扱い。

明治時代には女は絶対服従で奴隷同然だった。

昭和の御代は、ありがたし婦人に公民権!

(注)昭和6年(1931)、婦人参政権(公民権)を条件付きで認める法案が衆議院を通過するも、貴族院の反対で廃案に追い込まれた。