洪水体験記 of 北沢楽天の世界

洪水体験記

rakuten40-1.jpg
洪水の経験がないと、水を恐れない。家が流れるほどの大洪水になるとも知らず、はじめは池の金魚や緋鯉が逃げたのをひどく残念がる。

rakuten40-2.jpg
いよいよ水かさが増すまでは、下駄を濡らすまい、ほうきゴミ取りを流すまいと、細かいところへ目をつける。

rakuten40-3.jpg
ここまでは水は来まいと、ひよこを鶏舎の棚へ上げる。まさか鶏舎が流れるとは神ならぬ身の思いもよらない。

rakuten40-4.jpg
ダリヤが根こそぎになって、桃の木のてっぺんへ行ってぶら下がろうとは夢にも思わず、雨を冒して花壇の手当をする。

rakuten40-5.jpg
門の扉は、水がついて痕が残ると見苦しいと外したので、行方不明になってしまった。

rakuten40-6.jpg
糠味噌に水がつくと困るので、空き樽に重ねておいたら、まっ先にプクリとひっくり返って流れ出した。

rakuten40-7.jpg
畑のカボチャ、スイカが流れる。作男は「丹精のかたまり」だと激流を冒して取ろうとして、あやうくカボチャと心中するところだった。

rakuten40-8.jpg
床上3尺4尺と浸水してくる。はじめは臼などを台にして畳を上げたが、間に合わず。惜しいながら、柱に五寸釘を打ち込んで、大ヌキ(材木の名)で棚を作る。

rakuten40-9.jpg
2階へ上がると、田んぼは見渡す限り海と化し、離れ小島が点々としている。見慣れぬ景色にちょっと見惚れる。

rakuten40-10.jpg
あれもこれもと欲張って大切な品を荷造りするうち、荷物を持っては命が危ないと、そっくり残して身ひとつで逃げた。

rakuten40-11.jpg
命に別状ないのを見ると、惜しいものは命ばかりでもなかったような気がする。

rakuten40-12.jpg
大水に遭いながら、きれいな水に不自由して、ひとすくいの水で顔を洗いながら、
「地震・雷・火事・親父と、水を恐ろしいものに入れなかった昔の奴は、きっと山猿に違いない」

(注)大正6年9月30日、関東一円が大洪水に襲われた。この漫画は、大正5年8月、千葉の洪水で楽天の一宮の別荘が被害にあったときの被害状況を描いたもの