江戸時代の人気スポットさざえ堂へ

さざえ堂
さざえ堂入口(右の鰐口は直径1.8mで日本最大だそうですよ)



 文化文政時代(19世紀前半)、隠居した十方庵敬順は江戸周辺の名所旧跡を訪ね歩いて、その記録を『遊歴雑記』に残しました。
 そのなかに次のような文章が書かれています。

《浄周院(現在は成身院)は、中山道本庄宿の西南3里にあり、この道路平山にして、もっともさびし、多くは松山のみあり、すでに浄秀院にいたれば、百観音を安置せり、この観音堂の作事はあたかも本処(所)五百羅漢寺の栄螺堂の摸形に髣髴(ほうふつ)たり、この堂の頂上へ段々と登臨して、四望を遠見するに、風色天然にして、さらに言の葉たえたり…》

 埼玉県児玉市に、本所の五百羅漢寺の栄螺(さざえ)堂に似た建物があり、100観音が設置されている。周囲は風光明媚ですばらしい、という話です。

さざえ堂
これがその寺です


 もともとこの寺は天明3年(1783)の浅間山の大噴火の犠牲者を弔うために建立されました。寺院の本堂はかつて13間(23m)四方という巨大な威容を誇っていましたが、大正8年、秋祭りの花火のために焼失し、現在は焼け残った庫裡(台所)が本堂になっています。

 外から見ると2層ですが、内部は3層になっていて、回廊に100観音(1階が秩父34観音、2階が板東33観音、3階に西国33観音)が安置されています。面白いのは、拝観客が中に入ると、建物を右回りの螺旋状に3周上って頂上に着き、今度は、そのまま3周下って出口に出られる点です。その間、ルートは二重らせんの一方通行になっていて、同じ場所は通りません。つまり、別の観光客とすれ違うことはないのです。
 まるでサザエのように回廊を上ることから、こうした建物をさざえ堂と呼びます。

さざえ堂
内部は撮影禁止だったので、最上階からの眺望を公開
 
 さざえ堂は、元禄8年(1695年)、江戸本所に創建された羅漢寺がその最初とされています。この寺には五百羅漢像など536体の彫像があったんですが、これを順番に拝観するために、さざえ堂を作ったのでした。建物を3周するため、三匝堂(さんそうどう)とも呼ばれました。特殊な構造は当時大人気を呼び、江戸の人気スポットとなって、多くの浮世絵に描かれました。

さざえ堂
葛飾北斎『冨嶽三十六景』より「五百らかん寺さざゐ堂」
(右手の男は疲れ果てて座り込んでます)

さざえ堂
歌川広重『名所江戸百景』より「五百羅漢さゞゐ堂」



さざえ堂
内部はこんな感じ(「江戸名所図絵」より)


さざえ堂
内部の様子、拡大図

 
 大人気を博したさざえ堂は、その後、関東から東北にかけて多くの地域でさかんに作られ始めました。
 しかし、残念ながら現在は

 ・曹源寺観音堂(群馬県太田市)=方形
 ・旧正宗寺円通三匝堂(福島県会津若松市)=六角堂
 ・蘭庭院さざえ堂(青森県弘前市)=八角堂
 ・長禅寺三世堂(茨城県取手市)=方形


 などが現存しているのみです。東京では唯一、足立区の西新井大師の三重塔が残っています。



さざえ堂
会津若松のさざえ堂
(たまにはモノクロで妖しさを出してみました)


 続いて、もっとも有名なさざえ堂を見に、会津若松に行ってみました。これは白虎隊の墓の近くにそびえる仏教建築で、1796年に僧・郁堂が建造したもの。高さ16.5メートル。正式名称は「旧正宗寺円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」といいます。
 入口から入って右回りに坂を上って、天井に着いたらあとは左回りに下りるだけ。上り下りで、建物を3周することから三匝堂と名付けられました。
 ホント、同じルートを通らずに出口まで出られる世にも不思議な建造物なんですねぇ。

さざえ堂さざえ堂さざえ堂
(左より)入口、右回りのスロープを登って、天井に到着。あとは左回りに下りると出口へ。


更新:2009年7月27日

<おまけ>
 日本百観音とは、西国33・坂東33・秩父34の100観音をめぐるもので、通常は秩父34番の水潜寺で結願となります。長野県佐久市にある大永五年(1525年)の石碑に記録があることから、これ以前に日本百観音巡礼が考案されていたことがわかります。
 ちなみに『今昔物語』に、「此の男毎月の18日に持斉して、殊に観音に仕けり。亦、其の日100の寺に詣でて、仏を礼し奉けり」とあることから、少なくとも平安時代には100観音めぐりの思想があったことがわかりますな。

<おまけ2>
 児玉市のさざえ堂には、本堂を炎上させた花火の打ち上げ筒が残っています。すごいもんですな。
さざえ堂

広告
© 探検コム メール