Nソウルタワーからの眺望

Nソウルタワーからの眺望
展望台には各地の方向が明示
(中央左の板みたいな建物がグランドハイアット)


 韓国ソウル中心部にある「Nソウルタワー」は、南山公園の頂上にあります。タワーの高さは236.7mなんですが、南山の高さが243mなので、海抜からの高さは479.7m。
「N」の意味は「南山」(Namsan)と「新しい」(new)双方の意味があるそうですよ。
 1975年に展望台が完成したものの、一般公開は1980年。たどりつくにはケーブルカーで行くしかありません。
 そんなわけで、Nソウルタワーからの眺望です。

Nソウルタワー
Nソウルタワー


Nソウルタワーからの眺望
ソウル全景。中央奥の山の麓に宮殿群が並んでいます


Nソウルタワーからの眺望
ソウル駅


Nソウルタワーからの眺望
中央の荘厳な建物は、日本時代の朝鮮銀行本店(現在は貨幣金融博物館)。その後ろがソウル銀行。
その左手前、青いマークのついたビルが、韓国7大銀行のうち唯一の純韓国資本のウリィ銀行本店


Nソウルタワーからの眺望
漢江全景。矢印のあたりが韓国五輪の競技場


Nソウルタワーからの眺望
中央のお椀を載せたような建物が国会議事堂


Nソウルタワーからの眺望
矢印が国立中央博物館


Nソウルタワーからの眺望
最後、おまけとしてバンクーバー方向。こちらはニュータウンが多いんですが……。
矢印は右から国立劇場、韓国一高級な新羅(シーラ)ホテル、そして、
仏教系ながら、少女時代のユナやソヒョンなど多くの芸能人を輩出している東国大学校

制作:2012年7月16日

広告
© 探検コム メール