太平洋の孤島に残された32人の男と1人の女
「アナタハンの女王」事件


1950年に救出された比嘉和子
(ハワイ大学図書館のサイトより転載)


 映画『東京島』のキャッチコピーは
〈あなたなら、どうする? 助けの来ない無人島に、男23人と、たったひとりの女。〉
 というものですが、実はこのストーリーには元ネタがあるんですな。敗戦をはさんで実際に起きた事件は「アナタハン島事件」と呼ばれています。太平洋の孤島で男32人と女1人が6年間にわたって暮らした実話です。そして、島ではこの女をめぐり、殺しあいが始まるのでした。


 太平洋戦争も末期の1944年6月12日早朝、海軍に徴用された日本のカツオ漁船数隻が、サイパン島付近を南下していました。米軍機による攻撃で「兵助丸」と「曙丸」の2隻が沈没。同じく米軍の攻撃を受けて沈没した「えびす丸」の生存者を乗せた「海鳳丸」もアナタハン島に漂着後、空襲で焼失。
 
 こうして島には兵士10名、臨時徴用の船員21名の計31名が残されました。最年少は16歳、多くは20歳前後の若者ばかりでした。


アナタハン島


 アナタハン島は、サイパンの北方約120キロに位置している火山島で、長さ約9km、幅約3.7kmの孤島です。島の中心は深いジャングルで覆われていました。

 当時この島は日本の委任統治領で、南洋興発という会社がヤシ林を経営していました。従業員の原住民が50人ほどいたんですが、日本人は南洋興発の農園監督夫婦2人だけでした。つまり、島には男32人と女1人。この唯一の女性こそ、後に「アナタハンの女王」と呼ばれる比嘉和子(当時24歳)でした。

 このとき島に漂着し、救出後、島での出来事を『アナタハン』という本にまとめた丸山通郎は、和子について次のように書いています。

《肌の色は黒かったが肉付のいい、見るからに健康そうな体をしていた。やや、切れ長の長い目は、燃えるような心情の激しさを現わしていた。真黒いワンピースに包まれている彼女のはち切れそうな肢体が想像された。私は最初子供かと見間違ったほど、無造作な表情と開放的な口元をしたいた》

 漂着後、1カ月ほどで食料が底をつきました。やむなく原住民をまねてタロイモの栽培を始め、さらに、ヤシガニ、トカゲ、コウモリまで獲って食べました。

 島には米軍機がときどき飛来しては爆撃していきました。日本人たちは怯え、息をひそめて隠れることしかできません。


アナタハン島地図(『アナタハン』より)


 1945年8月15日に終戦を迎えると、米軍は拡声器で投降を呼びかけますが、日本人は誰も終戦を信じませんでした。そりゃそうです、本土では「鬼畜米英につかまれば殺される」と言われていたわけだから。
 米軍はさらにビラをまいて投降を呼びかけますが、これを拾う人もいませんでした。本土では敵のビラを拾うことは重罪だったからです。
(ちなみに終戦を信じなかったのは、サイパンの遺棄爆弾の処理音が爆撃音に聞こえたからだそうですよ)


 原住民たちは米軍に連れていかれ、いつの間にか島は日本人だけになっていました。
 空襲がなくなると、食料事情は徐々に改善されていきます。果物の栽培を始め、海で魚を獲って食べました。ヤシの木から、白ワインに似た味のヤシ酒を作って宴会する余裕も出てきました。

 食欲が曲がりなりにも満たされると、もうひとつの本能が目を覚ましはじめます。ただ1人の女である和子をめぐり、男たちが争うようになりました。その頃は和子もバナナの腰ミノに上半身裸のような格好をしていました。

 実は、もともと島にいた和子と農園監督は夫婦ではありませんでした。農園監督は和子の夫・正一の上司。空襲から守るため奥さんをサイパンに避難させ、一方、正一はバカン島にいる親族を迎えに行ったきり生き別れとなっていました。和子の子供は爆撃で流産(一説には堕胎)しており、寂しさをまぎらわすうち、2人は男女の仲となったのです。
 こうした事情を知ると、男たちの和子を見る目が明らかに変わっていきました。

 1946年の夏、和子たちは島に墜落した米軍のB29の残骸を発見します。大量の缶詰と鍋の代用となるタンク、そして落下傘が6つも見つかりました。和子はこの生地を使ってワンピースからスカートまで作り、急に衣装持ちになりました。


(左)イチギの木で作った火起こし。5〜6分で火種が付き、それを炭に移して着火した
(右)墜落米軍のパラシュートが最も貴重な繊維だった。これはタオルで作ったシャツ



 このとき、2人の男が墜落現場から壊れたピストル3挺と実弾70発を見つけました。解体して修理すると2挺のピストルができあがりました。機体の破片はナイフになりました。
 その2人をAとBにしておきますが、島で初めて2人は武器を手に入れたのです。

 1人の男が木から落ちて死んだのは、それから間もなくでした。目撃者はAとBの2人だけ。しかも日頃から仲が悪かったことで、島の住人の間に疑心暗鬼が広がりました。
 
 ピストルを手にしたAは、和子への執着を露骨に示すようになりました。
 その頃、和子は嫉妬深く乱暴な農園監督から逃れ、若い水夫Cと山中に駆け落ちしたんですが、あっさりと捕まり、連れ戻されていました。

 農園監督とよりを戻した和子を、Aは露骨に口説きます。それはピストルによる脅迫でした。Aはこう言ったと記録されています。

《「たった一人の女だからいけねえんだよ。それに、おれは男だからな、男は何人もいるんだ。しかも、おらあ若えんだぜ……」》(『アナタハン』より)

 結局、和子はAに抱かれ、Bに抱かれました。農園監督もあきらめず、事実上、和子は同時に3人の男と夫婦になったわけです。

 まもなく夫3人の間で殺し合いが始まります。BがAを射殺したのは1947年の秋。身の危険を感じた農園監督はBに和子を譲りますが、今度はBが夜釣りの最中に海に落ちて死にました。Bは泳ぎが達者だったので、明らかな不審死です。その後、和子は農園監督と元のさやに収まっています。

 ちなみにこの時点での生存者は男27人、女1人。

 そして、半年ほど島に平穏な空気が流れますが、今度は農園監督が不審死をとげました。犯人は元コックDでした。DはAとBが死んだ後、2人のピストルをいつも持ち歩いていました。

 和子は後に「Dは夫(農園監督)にまたがってピストルを発射した。夫を殺したあと、『ワンピースを脱げ』と言われた」と語っています。
 和子は農園監督の遺体を埋葬すると、そのままDと夫婦になりました。しかし、2年後にはDもまた殺されてしまいます。
 ほかにも崖から転落したり、食中毒で死んだ男たちがいるんですが、いずれも事故なのか殺人なのかはわかりません。

 島の男は23人に減っており、このままでは果てしなく殺し合いが続くと危惧した長老が、和子の「正式な結婚」を提案しました。
 和子はかつて駆け落ちした水夫Cを選び、結婚式をおこないます。殺し合いの原因となるピストルを海に棄てたことで、島にようやく平和がやってくる……誰もがそう期待しました。
 しかし、Cと結婚した後も男たちの争いは収まらず、結局、すべての元凶である和子を「処刑」することが決まりました。

 それを知った和子は島の中を逃げ回るんですが、ちょうどこのとき米軍がやってきて、和子1人が投降したのです。1950年6月、島に丸6年いて、和子は30歳になっていました。


救出されたときの和子
(ハワイ大学図書館のサイトより転載)


 男たちが投降するのは、それからさらに1年後のことでした。一足先に帰国した和子の情報が救援活動につながったのです。

 かつて俺は、島に残されていた水夫の娘さんに話を聞いたことがあるんですが、
「父を救うために、私たちは手紙や絵をたくさん描きました。もう戦争は終わったよ、だからジャングルから出てきてね、と。何を書いたかまでは覚えてないですけどね」
 と言ってました。残された家族が書いた手紙は全部で200通に及びました。


当時、米軍がまいた投降を呼びかけるビラ


 1951年6月、米軍の船が日本の新聞や家族からの手紙を届けると、ようやく男たちは終戦の現実を受け入れます。この船で一足先に島を脱出した兵士1人に続き、6月30日、残り全員が投降します。
 島に残留すること7年、男の数は20人に減っていました。


投降し、島を後にするた男たち


 島での最後の犠牲者は和子の夫Cでした。『アナタハン』には、和子が消えたショックで死んだとありますが、実はDを殺した疑いで島で斬首刑にされたとも言われています。
 いずれにせよ、和子の島での“夫”は全員死んだことになります。


羽田空港に到着。右は記念写真

 
 帰還者は1951年7月6日に羽田空港に着くと、国民から大歓迎を受けました。新聞記者が大挙して押し寄せ、毎日のように大きな記事が書かれました。
 帰還者はみな死亡したことになっていて、自分の遺影や骨壺と対面する写真が日本中に流れました。
 また、妻に愛人がいてトラブルになった人もいました。


神奈川県の三崎には5人が帰還し、大歓迎を受けた


 帰還者の口から島での出来事が明らかになってゆくと、いつしか和子は「アナタハンの女王」と呼ばれるようになりました。興行師が群がり、1952年から2年間、和子自身の主演による舞台『アナタハン島』が全国を巡業します。映画『アナタハンの真相はこれだ!!』も完成し、和子はそれに主演します。ハリウッドの巨匠スタンバーグ監督による映画『アナタハン』も上映され、和子のブロマイドは飛ぶように売れました。

 過熱した報道はいつまでも続きました。メディアは「夫を次々に変えた獣欲の奴隷」などと書き立て、人々は「希代の毒婦」「女王蜂」と和子を笑いものにし ました。

 沖縄の南宋楼で仲居をやり、その後「カフェ・アナタハン」を経営していた和子は、あまりの報道のひどさに沖縄から本土にやってきました。そのときこう語っています。
「私のために殺されたのは2人だけ、私が結婚したのは4人、相手はピストルを持っていたから仕方がなかった。沖縄へ帰ったら洋裁で暮らしをたてるつもり」



当時はアメリカ支配の沖縄から来日した和子


 しかし、結局、和子に対する中傷は収まらず、やがて転落の道をたどりはじめます。興行師にだまされ、浅草の「ロック座」など全国のストリップ劇場に立つようになりました。 
 和子に収入はほとんどなく、体を売り、酒に溺れ、ボロボロになって故郷・沖縄に帰ったのです。

 かつて和子はこう語っていたそうです。
「私はバカよね。騙されているだけとわかっても、夫婦同然の関係になると男の言いなりになってしまうの。言い寄ってくる男は、私を食い物にする人としか考えなくなった。それがつらい」

 ちなみに和子の本当の夫・正一は、沖縄で再婚しており、子供もいました。帰国してすぐ、和子は「再婚しますか?」と新聞記者から聞かれ、「再婚はしません。これも戦争が生んだ悲劇です」と答えています。もし早い段階で再婚していたら、ここまで悲惨じゃなかったかもしれませんね。


 その後、和子は34歳のときに2人の連れ子がいる男性とめぐりあい、ようやく再婚します。まもなくタコ焼き屋(夏はかき氷屋)を始めるんですが、学校の前にあったので店は大繁盛したそうです。
 9年後に夫が亡くなり、1974年、和子は脳腫瘍で息を引き取りました。享年51。

 家族の仲の良さは近所でも評判でしたが、和子は、終生、継母であることを気にしていました。最期の言葉は、「愛情が少なくてゴメンね」だったそうです。

制作:2010年9月19日

<おまけ>
 敗戦後まもなく、日本では「性の解放」が起き、下半身ネタを中心とする雑誌の創刊が相次ぎました。その中の一つ『文化人の性科学誌・人間探求』(1951年8月、第15号)には、新聞には書かれなかったアナタハンの性生活ぶりが当事者へのインタビューで残されています。今では信じられないほどの下ネタをちょっと公開しときます。

 ーー相手がない時には、若い連中は、(手淫を)「やった」といって話したりなんかするでしょう?
 「冗談半分に『一人でやった』ということ位はいってました。でも何んですよ。おさまりがつかなくなって毎日毎日やっているということはきいたことがない」
 ーーなるほど、やってはいたのですね。どうです、相手同士が二人でやり合うということは?
 「そんなことは絶対なかったね。他所のほうではどうだか知らないけんど、私のほうには絶対ない。それまで露骨なことはなかったね」
 ーー土人の女を相手にして来たような男は?
 「そんなことはなかったでしょう。土人の方が長く島にいればまあ必ずありましょうが」
 ーー土人の女を見れば女という感じがしますか?
 「それはしますね。男だもの(笑)」


<おまけ2>
 和子が主演した映画『アナタハン島の真相はこれだ!!』は空前の駄作だったようです。以下は字幕屋の進藤光太による映画評です。
《うす暗いピンボケの画面で、汚らしい男たちが比嘉をめぐって何やらうごめき、殺し合う。オール・ロケなのでセリフは全部アフレコだが、このセリフがまた口の動きに合わぬばかりか、99%までは聞き取れない。上映時間50分余というもの、訳のわからぬままにイライラしてくる。どんな人だってこれを見たら腹を立てるだろう》(『キネマ旬報』1953年五月上旬号、No63)