戦前のバイブル「教育勅語」を解説

教育勅語 教育勅語
教育勅語の奉読


 教育勅語は明治23年(1890年)に発布された<明治天皇のお言葉>で、国民道徳の絶対基準とされました。翌年には「小学校祝日大祭日儀式規定」が制定され、学校では「ご真影」と「教育勅語」がもっとも神聖なものとなりました。

 特に昭和前期になると、学校行事のたびに奉読していたため、ある程度以上の年齢の人なら、きっと、今でも全文暗記しているはずです。ちなみに妹尾河童の『少年H』には

《校長先生が巻物になっている教育勅語を恭しく読む間は、全員頭を下げた姿勢で、三分間ほど絶対に動いてはいけないことになっていた》

 などと書かれています。

 教育勅語は、戦後、悪の象徴とされ、1946年に奉読と神格的取り扱いが禁止、1948年には失効確認が決議され、以後は、触れることさえタブーになってしまいました。

 というわけで、いまや幻になってしまった教育勅語を全文公開します。当時の生徒さえ意味が分からなかったという難解で厳粛な文章なんで、いったい、何人が読解できることやら?

 なお、原文は315字からなっていて、句読点や段落、ルビなどいっさいありません。そのため、読みやすいように句読点などをつけておきました。漢字はできるだけ原文の味を出すため、旧字を使用しました。


教育勅語
乃木希典が書いた「教育勅語」

 
 
 朕(ちん)惟(おも)フニ、我カ皇祖皇宗(こうそこうそう)國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ徳(とく)ヲ樹(た)ツルコト深厚(しんこう)ナリ。
 我カ臣民、克(よ)ク忠ニ、克(よ)ク孝ニ、億兆心ヲ一(いつ)ニシテ世々(よよ)厥(そ)ノ美ヲ濟(な)セルハ、此(こ)レ我カ國體(こくたい)ノ精華(せいか)ニシテ、教育の淵源(えんげん)亦(また)實(じつ)ニ此(ここ)ニ存(そん)ス。

 爾(なんじ)臣民、父母ニ孝ニ兄弟(けいてい)ニ友ニ夫婦相(あい)和(わ)シ、朋友(ほうゆう)相(あい)信シ、恭儉(きょうけん)己(おの)レヲ持シ、博愛衆(しゅう)ニ及ホシ、學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發(けいはつ)シ、徳器(とっき)ヲ成就シ、進(すすん)テ公益ヲ廣(ひろ)メ、世務(せいむ)ヲ開キ、常ニ國憲ヲ重(おもん)シ、國法ニ遵(したが)ヒ、一旦(いったん)緩急(かんきゅう)アレハ義勇(ぎゆう)公(こう)ニ奉(ほう)シ、以(もっ)テ天壤無窮(てんじょうむきゅう)ノ皇運ヲ扶翼(ふよく)スヘシ。是(かく)ノ如キハ、獨(ひと)リ朕カ忠良(ちゅうりょう)ノ臣民タルノミナラス、又(また)以テ爾(なんじ)祖先ノ遺風(いふう)ヲ顯彰(けんしょう)スルニ足ラン。

 斯(こ)ノ道ハ、實(じつ)ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ、子孫臣民ノ倶(とも)ニ遵守スヘキ所、之(これ)ヲ古今ニ通(つう)シテ謬(あやま)ラス、之ヲ中外(ちゅうがい)ニ施シテ悖(もと)ラス。朕(ちん)爾(なんじ)臣民ト倶(とも)ニ拳々(けんけん)服膺(ふくよう)シテ、咸(みな)其(その)徳ヲ一(いつ)ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ。

  明治二十三年十月三十日

   御名 御璽

 以下、1936年に出版された『教育勅語画解』を参考に、教育勅語の解説を書いておきます。

 教育に関する勅語は、明治天皇が国民の従い守るべき道徳の大綱を示したものです。
 勅語は全文を3段に分けると趣旨がよく理解できます。

 第1段は国体の性質を明らかにしています。

《我カ皇祖皇宗(こうそこうそう)國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ徳(とく)ヲ樹(た)ツルコト深厚(しんこう)ナリ。》

 これは建国以来、皇室が大きな徳を持っていたという特質を示しており、

《我カ臣民、克(よ)ク忠ニ克ク孝ニ、億兆心ヲ一(いち)ニシテ世々(よよ)厥(そ)ノ美ヲ濟(な)セルハ》

 は忠孝という臣民の長所を示しており、《此(こ)レ》は両方を総括し、以上がわが国柄の「純」で「美」である点であり、わが国の教育の基づくところもやはりこの点にあるという趣旨だと思われます。

 第2段は「忠孝」「信義」「法の遵守」といった国民の心得の要目を示したもので、私たちが実践すべき点を列記したものです。

 第3段には、

《斯(こ)ノ道ハ、實(じつ)ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶(とも)ニ遵守スヘキ所、之ヲ古今ニ通シテ謬(あやま)ラス、之ヲ中外(ちゅうがい)ニ施シテ悖(もと)ラス。朕(ちん)爾(なんじ)臣民ト倶(とも)ニ拳々(けんけん)服膺(ふくよう)シテ、咸(みな)其(その)徳ヲ一(いつ)ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ。》

 とありますが、これはわが国民の守るべき「道」の由来と価値を明らかに示したもので、畏れ多くも天皇自ら、我ら臣民とともにこの道を実践躬行(じっせんきゅうこう)して、皆その徳を同じくしようと望んでいらっしゃるのです。


更新:2012年7月13日


 冒頭に掲載した右の画像は、大阪城の脇にある教育塔のレリーフです。教育塔は室戸台風(1934年)を機に立てられたもので、災害・事故などで犠牲となった生徒達の慰霊碑です(建設は1936年)。
教育塔
教育塔

広告
© 探検コム メール