北朝鮮の板門店

北朝鮮側の板門店
青い建物が分断線。奥は韓国の「自由の家」


 1950年に朝鮮戦争が勃発、1953年には休戦協定が結ばれました。板門店とは、当時、休戦協定が調印された場所で、現在でも韓国と北朝鮮が共同警備しています。

 分断線の南北2キロは、DMZ(非武装地帯)と呼ばれ、野鳥の楽園となっています。

 というわけで、北朝鮮側から板門店に行ってみよう!



北朝鮮側の板門店 北朝鮮側の板門店
(左)板門店までは、な〜んもない道が続く。
(右)板門店入口。フェンスの向こうがDMZ


北朝鮮側の板門店
これが分断線だ!(向かって左が韓国、右が北朝鮮)


北朝鮮側の板門店 北朝鮮側の板門店
(左)軍事停戦委員会本会議場内
(右)監視兵の交代も迅速(というかロボットみたい)


制作:2002年9月22日

広告
© 探検コム メール