ヒロポン誕生


覚醒剤やめますか? それとも人間やめますか?


 まずは下の画像を見てほしいんだな。
 

ヒロポンの宣伝

 体力をつけ、倦怠感や眠気を取り除き、作業の効率を高める薬の宣伝です。適応症を見ると、体や精神を酷使するとき、徹夜作業のとき、疲労しているとき、そして2日酔いや乗り物酔いの時にも効果があると書かれています。なんだか夢のような薬ですが、この「ヒロポン錠」、実は覚醒剤なのです。
 かつて、覚醒剤は日本の薬局どこでも買える普通の薬でした。そんなバカな、と思うでしょうけれど。
 今回は、そんな覚醒剤の誕生についてのお話。

 
 まず、覚醒剤とは何か?
 「覚せい剤取締法」で規制されている薬物は、基本的には

 ・フェニルアミノプロパン(アンフェタミン)
 ・フェニルメチルアミノプロパン(メタンフェタミン)

 の2つを指します。メタンフェタミンのほうが、アンフェタミンより強い興奮作用があり、いわゆる「シャブ」「エス」「スピード」「アイス」と呼ばれるものに相当します。

 化合物としては比較的古くから知られているんですが、このメタンフェタミンを合成したのは日本人。薬学界の長老だった長井長義博士が、「麻黄」の有効成分で喘息や咳の薬として使われるエフェドリンを創製したとき、その誘導体の1つとして作られました。明治26年(1893)のことです。

 効能としては催眠剤の反対で、眠気を去り、疲労感をなくし、気分を高揚させ、多弁になり、行動的な状態になります。眠気を去り疲労感をなくすといっても、一時的に無理ができるというだけで、その後は休養や睡眠が必要だし、しかも連続使用するとさまざまな障害が起きるため、医薬品としては特に重要ではありませんでした。抑鬱症とか睡眠発作(ナルコレプシー)とかだけに用いられる特殊な薬だったんですね。

 ところが、1938年にドイツでメタンフェタミンが発売されます(商品名は「ぺルビチン」「ベンゼドリン」など)。ドイツ軍は長時間にわたる過度の軍務を容易にし、一方では士気が高まることから、兵士への供給を開始します。それを見た日本軍もさっそく導入を決め、製薬業者に生産させ、軍用に使ったのでした(1940年にメタンフェタミンの市販開始)。

 その頃は覚醒剤の問題点(中毒性や精神障害など)は知られておらず、普通に薬局で市販されていました。宣伝の惹句は「除倦覚醒」で、内服用に1mgの錠剤のみ販売されていました。当時の覚醒剤は4〜5mgもあれば十分に効果があったので、錠剤4〜5錠飲んで徹夜するというのはわりと当たり前の光景でした。

 軍隊でも軍需工場でも覚醒剤の使用が始まりました。よく特攻隊が自爆攻撃できたのは麻薬を服用していたからだといわれますが、これは事実でしょう。ただし、繰り返すように当時は普通の市販薬だったので、特に悪いことではなかったはずです。
 薬害についても、戦時中は命令的に適量を一時的に使っていただけなので、深刻な被害は出ませんでした。


 戦後、日本では大量のストックが市場に流れ出しました。新聞雑誌で大きく宣伝されたうえ、敗戦の混乱で希望のない気分に向いていたせいか、単なる医薬品というよりは嗜好品として大流行します。そのうち錠剤より効き目の強い注射薬が発売されるに及んで、大量使用が始まるのです。


こちら仕事場向けのアゴチン錠
(精神、肉体の過労に対する治療および予防、徹夜時の睡気、心身過労の除去に効果)


 流行とともに覚醒剤は多くのブランドで発売されました。

 ・メタンフェタミン…「ヒロポン」「ホスピタン」など
 ・アンフェタミン……「ゼドリン」「アゴチン」「ソビリアン」など

 なかでももっとも宣伝された大日本製薬のヒロポンが覚醒剤の代名詞となったのでした。


 日本で覚醒剤のリスクが認識されたのは昭和22年に入ってからでした。ただ、海外の文献にも薬害のくわしい記載はなく、最初は精神疾患と誤解されました。
 その後、昭和25年に薬事法で劇薬に指定、さらに翌年に「覚せい剤取締法」が施行されましたが、時すでに遅く、すでに覚醒剤はきわめて深刻に蔓延していたのでした。

 昭和29年、どれくらい覚醒剤が蔓延しているかの調査が行われました。主として15〜30歳をターゲットに20万枚の調査票が配られました。12万枚ほど回収されたなかで、8865人が使用経験ありと答えています。

 ●男女別
  男6000 
  女2469

 ●年齢別
  15歳未満 59
  15〜16   220
  17    394
  18            572
  19            776
  20〜22    2451
  23〜24    1626
  25〜29    1836
  30歳以上   799


 この調査段階で中毒者は100万人と推計されていました。覚醒剤所持等の罰則を強化しても、効果はあまりありませんでした。その理由は、覚醒剤は密輸や密造が比較的簡単だったからです。

 覚醒剤の密輸というのは、原料となるエフェドリンを輸入することと同義でした。エフェドリンは風邪薬の材料で、従来は通産省が輸入許可を与えていましたが、昭和28年7月以降は禁輸となりました。しかし、エフェドリンさえ手に入れれば、莫大な儲けが期待できたので、密輸は止まりませんでした。


覚醒剤の密造キット

 覚醒剤の密造はどうするのか?
 エフェドリンは還元するだけなので非常に簡単ですが、供給が減ると、清涼飲料の保存料である安息香酸ナトリウムやカフェインなどの代替材料が使われました。ほかに必要なのは塩くらいで、粗悪品とはいえ、特別の技術や施設は不要でした。

 昭和29年、東大医学部薬学科を卒業した男が、塩化ベンジルを原料に覚醒剤の密造に成功します。初めて化学合成品から密造された事件で、これにより製造コストが大幅に減る可能性があることから、警察は大きなショックを受けます。実際は大した技術ではなかったようですが、密造を摘発する警察と犯人のいたちごっこはさらに続くことになるのでした。


 覚醒剤が合法の頃は、作家や芸能人、新聞記者や受験生が愛好していました。有名なところでは坂口安吾と織田作之助。たとえば坂口安吾にはこんな文章があります。

《「あの人、ヒロポン売る人よ。1箱100円よ。原価60何円かだから、そんなに高くないでしょ」
 という。東京では、120円から、140円だそうである。
 ヒロポン屋は遊楽街を御用聞きにまわっているのである。最も濫用しているのはダンサーだそうで、皮下では利きがわるいから、静脈へ打つのだそうだ。
「いま、うってきたのよ」
 と云って、女中は左腕をだして静脈をみせた。5〜6本、アトがある。中毒というほどではない。(中略)
 織田作之助はヒロポン注射が得意で、酒席で、にわかに腕をまくりあげてヒロポンをうつ。当時の流行の尖端だから、ひとつは見栄だろう。今のように猫もシャクシもやるようになっては、彼もやる気がしなかったかも知れぬ》(昭和25年『安吾巷談』)


 今では考えられない文章ですな。その後、覚醒剤が違法になると、薬害がいかにひどいかが語られていきます。たとえば以下は金沢刑務所が昭和28年に発行した『(ヒロ)ポン中毒者の手記』より。



覚醒剤の禁断症状と奇行写真

《その日の興業は新××の一流スター○○啓子一行のアトラクションだった。世間話をしていたA興業社の親分と私は、○○啓子よりどこかの薬局で覚醒剤を買って来て下さいませんかと100円札50枚を渡された。当時の名古屋の薬局では自由に買えた頃だった。私は急いで附近の薬局から50本ばかりのヒロポンを求めて劇場まで帰った。彼女は待ちこがれていたのだろう、私の目の前でハンドバックから注射器を出して一度に10本の注射を打って舞台へ出て行った。

 私は有名な女優でも常用しているヒロポンというものに、理由なしにこの時より非常な好奇心を抱くようになった。今日まで私は頑強に断って来たが、始めて1本試験的にうって見る気になった。注射をすると憂鬱が一度にとんでしまい非常な爽かな気特になる。そして2日も3日も寝られぬのが常だった。口が渇き頭がぼっとしてくると薬が切れた証拠だった。この頃になると非常に猜疑心が強くなってきた。注射の量も1日に70本、80本と増加する一方だった。注射のため今まで60キロあった体重が54キロばかりに減った。精力がいちじるしく減退した為、夫婦間の性交等はおそらく不可能だった。

 昭和25年夏頃より全く発売禁止になった。私達は、血まなこになってヒロポンの行方を追った。そしてやっと探し求めたのは不良品で副作用の激しい覚醒剤だった。私達は激しい副作用のために全く廃人同様になってしまった。
 50mばかり前方に普通のハイヤーが止まっているのを見て、自分を捕えに来た暴力団狩りの警官が一杯乗車しているように勘違いして2時間近くも青くなって逃げ回ったことが1度や2度ではなかった。
 横の方で自分の身内の者でも、親友でも、コソコソとしゃべっていることがあると、自分の敵の様に思い違いしてジャックナイフや短刀等で、ものもいわずにとびかかったことなどとても正常では考えられないことばかりだった。
 また進行中の市電の真正面に立ち止まり大騒ぎを演じてみたり、この時は幸いに親友に助けられましたが、私自身は電車の横を通っているとばかり思っていたのですが。》


 まさに「人間やめますか?」な薬なわけですな。やっぱり使うのはやめようね!

制作:2009年8月23日