室戸台風襲来!

室戸台風
大阪港に打ち上げられた商船
 

 昭和9年(1934)9月21日午前8時、史上空前の台風が京阪神地方を襲いました。後に「室戸台風」と名付けられるこの台風は、室戸岬に上陸したときの中心気圧は911.9ヘクトパスカル。日本周辺の平均気圧は1013ヘクトパスカルなので、これだけでも相当な低気圧だとわかります。
 ここ数年、台風の被害が非常に大きくなっているので、今回はこの日本初とも言える大水害の惨状を見てみることにしました。
 

 
 室戸台風がフィリピンの東海上で発生したのは9月15日。次第に勢力を強めながら日本に接近、上陸後も勢力は弱まらず、大阪ではなんと風速60mを記録しました。当然のことながら市内に壊滅的な打撃を与えます。
 強風で送電線はひん曲がり、大阪湾では巨大な高潮が発生、海水は海から8kmも内陸の大阪城まで逆流しました。外島の保養院では約200人が濁流に呑まれています。当時、保養院の拡張工事をしていた現場主任は、「週刊朝日」の取材にこう答えています。

「何しろアッという間に濁流が背が立たぬほど侵入してきたのですからたまりません。外島は浴場と治療場各100坪が鉄筋コンクリートであるため、辛うじて流出を免れただけで、その他の建物、付近の部落は文字通り全滅。多数の家族たちが濁流にもまれながら悲鳴を上げつつ沖へ流されていく光景は、まことに地獄でした」

崩壊した四天王寺の五重塔
崩壊した四天王寺の五重塔


 四天王寺では文化9年(1812)に建てられた五重塔が木っ端微塵になりました。20人ほどが塔の下敷きになり、3名が死亡しています。当時、九死に一生を得た老母は、こう語ります。
 
「ひどい風で、早朝からの参詣人は五重の塔下がいちばん安全だと思って、私ら20数名が避難していたところ、塔がゆらゆら揺れだし、アッと思って逃げた瞬間、メキメキと物凄い音とともに真ん中あたりから折れ、恐ろしい地響きを立てて地上に倒れました。何とも言えぬ物凄い光景でした」

室戸台風 室戸台風
五重塔の崩壊前後の空撮写真
(左写真の赤い点が塔のあった場所)


 痛ましかったのは、市内の多くの小学校が壊滅したことです。当時の校舎は明治時代に建てられた木造建築が多く、実に44校が全倒壊してしまいました。今と違って台風で休校することなどなかったので、校内には多くの生徒がおり、大半が下敷きとなりました。死傷者は2300名といわれます。

室戸台風
大阪市内の小学校で

 
 滋賀県大津市では瀬田川鉄橋で東海道本線を直撃、列車は横転し、車内はぐちゃぐちゃの惨状となりました。乗客の死傷者は約200人、まさに地獄絵です。

室戸台風
瀬田川大橋で横転した列車

 
 室戸台風は、徳島、淡路島、神戸を経て、京都、福井、石川、富山を経由し、正午過ぎに新潟の海上へ抜けました。被害は全国にわたり、死者・行方不明者3036人、負傷者 14994人の大災害となったのです。

 
 それにしても、どうしてこれほどまで被害が拡大したのか? 
 もちろん台風が強大だったのは言うまでもないんですが、実はこの当時、本当に危険な時にしか警報を出していなかったため、市民に警報への馴染みがなく、防災意識はまったくありませんでした。つまり市民は「いつもと一緒」の気分で家を出て、そして被害にあったのです。
 当時、風速60mを観測した測候所の職員は手記にこう書いてます。

「警報を無視しないで下さい。……児童の登校などに際して、父兄が2回の警報を新聞ラジオその他にて承認せられ、しかもみすみす子弟を登校せしめて惨禍に遭われた方がないとは限るまい。かくては幾百回の警報を発しても駟(し)もまた及ばぬ如きもの(=取り返しがつかない)」
 
 要は、わずか2回しか警報が出ていなかったための大被害でした。この惨状を教訓に、中央気象台は翌年から「警報」以外に「気象特報」(現在の「注意報」)を発表するようになりました。また測候所の整備も進み、日本の気象事業は飛躍的に発展したのです。
 まさに日本の「防災の誕生」でした。

暴風警報 暴風特報
昭和10年からスタートした暴風警報(左)と暴風特報


制作:2004年10月4日

<おまけ>
 室戸台風のあとも、日本には非常にたくさんの巨大台風が来襲しています。なかでも枕崎台風と伊勢湾台風は犠牲者が多かったことで有名。以下、気象庁のサイトより被害状況をまとめておきます。

●室戸台風(1934年9月21日)
 死者・行方不明3036人、負傷1万4994人、住家被害9万2740戸、浸水40万1157戸
●枕崎台風(1945年9月17日)
 死者・行方不明3756人、負傷2452人、住家被害8万9839戸、浸水27万3888戸
●伊勢湾台風(1959年9月26日)
 死者・行方不明5098人、負傷3万8921人、住家被害83万3965戸、浸水36万3611戸

 やっぱり伊勢湾台風はかなりすごいですな。
室戸岬の空撮
室戸岬の空撮。山がちなのがわかります

広告

© 探検コム メール