これが日本最初の地下鉄!

日本初の地下鉄
開通当時の上野駅


 日本初の地下鉄は、昭和2年(1927)12月30日に開通した浅草〜上野間2.2キロ(東京地下鉄道株式会社)で、昭和9年に上野〜新橋間が開通しています。
 その後、昭和14年に新橋〜渋谷間6.3キロ(東京高速鉄道株式会社)が開通、これにより現在の銀座線14.3 キロが全通しました。

 このとき、東京地下鉄道の早川徳次と、東京高速鉄道株式会社の五島慶太による熾烈な争いがあったんですが、結局、両社は昭和16年に合併して、帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)が誕生します。

 というわけで、日本初の地下鉄へ乗ってみるよ!

日本最初の地下鉄
料金は10銭。当時から自動改札でした!


日本最初の地下鉄
地下鉄構内はこんな感じ


 ちなみに大阪では昭和8年(1933)5月20日、梅田〜心斎橋間3.1キロが開通しています。昭和10年に難波、昭和13年に天王寺まで延び、昭和17年には大国町〜花園町1.3kmも完成しました。

大阪の地下鉄工事
これが大阪地下鉄の工事写真
(高麗橋4丁目付近)


 戦前の地下鉄は東京と大阪だけというのが定説ですが、地下線という意味では神戸にも京都にもありました。神戸は昭和8年(1931)に完成した阪神の春日野道駅付近がそれにあたります。京都では、昭和6年に開通した京阪電車の京都西院〜四條大宮間(現在は阪急京都線)も地下線でした。

 僕は鉄道マニアではないのでそれ以上は知りませんが、ほかの都市にもあったかも知れません。

京阪電車の地下部分
京阪電車の地下部分
(「西日本現代風景」大阪毎日新聞社、1931より)

幻の東京地下鉄計画
 でだ、ここからは余談。
 『帝都東京・隠された地下網の秘密』という本によれば、戦前、東京には多くの地下鉄がすでに完成していた可能性があるというんです。

《戦前という時代、交通機関の発展を眺めていけば、天皇家、陸海軍、政府関係者を差し置いて、地下鉄銀座線だけが建設されたはずもなかった。……民間の地下鉄が一本あるということは、政府の地下鉄が八、九本あって、つまり地下鉄網は完成していた》

 結論だけ書くと単なるトンデモ本としか思えませんが、近年まれに見る衝撃的な本なんで、ぜひ一読してみてね。

更新:2004年9月26日

広告
© 探検コム メール