1940年、幻の東京オリンピック

東京オリンピックの開催決定を喜ぶ市民
「東京オリムピック」開催決定を喜ぶ市民
(当時はオリムピックと言ってました)


 1936年(昭和11年)7月31日、ベルリンの高級ホテル・アドロンで、次回オリンピック(1940年の第12回オリンピック。第11回はベルリン)の開催地が決定されようとしていました。
 午前10時、ホテルの「鏡の間」には各国のIOC(国際オリンピック委員会)のメンバーが集まり、最終会議が始まりました。まず最初に、IOCの最古参委員である日本人の嘉納治五郎が挨拶をします。
 嘉納は、近代オリンピックはすべての国、すべての民族に開放されるべきだと高らかに宣言したあと、

「アジアの一角に全世界の若者が集まる時、世界は新しい平和への幕開けの時を迎えるであろう」

 と演説を締めくくりました。この演説が委員の気持ちを揺さぶったのか、36対27という大差で次回の開催地が決まりました。破れたのはヘルシンキ(フィンランド)、そして勝ったのは、極東アジアの東京でした。
 
 1940年(昭和15年)は皇紀2600年に当たり、日本では数多くの壮大な国家イベントが予定されていました。そのなかでもオリンピックは、万博と並ぶ大イベントと位置づけられたのです。
 開会式は昭和15年9月21日(土)、閉会式は10月6日(日)。会場は議論の末、世田谷の駒沢をメイン会場とすることが決まりました。

幻のオリンピックポスター幻のオリンピックマーク
幻のオリンピックポスターとマーク

 
 では、この幻のオリンピックを見に行くよ!


 
 まず主会場は、当初、代々木の練兵場が予定されましたが、陸軍の協力が得られず断念。そこで神宮外苑改築案が出ましたが、これは内務省の反対でお流れに。結局、13万坪という広大な敷地を誇る世田谷の駒沢ゴルフ場と決定されました。
 
●これが駒沢の陸上競技場。11万人収容可能だが、5万人は仮設スタンド。トラックは1周400m。
駒沢の陸上競技場

 
●駒沢の水上競技場。3万人収容可能だが、1万3000人は仮設スタンド。
(なお、この図版は、別資料では神宮外苑の競技場となっていますが、たぶん駒沢)
駒沢の水上競技場 


●埼玉県戸田橋のボートコース(漕艇場)。昭和12年に着工、昭和15年に完成。長さ2400m、観客席は2500。幻のオリンピックで、唯一完成した施設でした。1964年の東京オリンピックでもボート会場に使われました。参考までに、右は現在の戸田競艇の空撮写真。
埼玉県戸田橋のボートコース(漕艇場) 戸田競艇

 
●横浜新山下町沖のヨットコース。45万円の予算が通過するも、未着工。
横浜新山下町沖のヨットコース


●このほか、お茶の水(旧岩崎邸跡地)に室内運動場(下図)、芝浦に自転車競技場などが決定しました。
幻の東京五輪運動場
 

 東京市は施設建設費1213万円と街路修築費1080万円を決議し、昭和13年秋には、工事が開始されるはずでした。しかし、結局のところ、漕艇場を除く一切の工事が行われることはありませんでした。
 なぜか?

 実はこの前年の昭和12年(1937年)7月7日、中国で盧溝橋事件が勃発し、日中戦争が始まっていました。戦時下、資源の統制はすすみ、昭和13年6月には鉄鋼配給の統制も決定してしまいました。
 メイン競技場建設に必要な鉄は1000トン。やむなく東京市はスタジアムの一部を木造に設計変更、必要とする鉄を600トンにまで切り詰めましたが、それでも見通しは立ちませんでした。予算面でも、競技場建設に必要な800万円は、当時の国家予算の3%にも相当する巨大な金額でした。
 その上、イギリスなどは戦争が続く限り選手を派遣しないと公表、以後、ボイコット国が増えていったことも、オリンピック開催にとってはマイナスでした。
 
 かくて昭和13年7月15日、政府は万国博覧会と東京オリンピック開催返上を閣議決定します。日本の威信をかけた国家イベントは、こうして幻に終わったのでした。
 

制作:2004年7月11日


<おまけ>

 「鏡の間」で演説した嘉納治五郎は、明治42年(1909)に、アジア人で初めてIOCの委員に選ばれています。灘の豪商の三男で、東京高等師範学校の校長を務め、「柔道」をひとりで作り上げた人物です。
 それにしても、なぜこんな時期に“文明外”のアジアから委員が選ばれたのでしょうか? それは、1904-05年に日本が日露戦争に勝利し、初めて国際的に認知されたからだそうです。日露戦争は、まさに日本の国際舞台へのデビュー戦だったわけです。
 嘉納は第12回オリンピックが東京に決定すると、こうつぶやいたと言います。

《36票の重みは、日本が世界に平和を公約した重みでもある。日本政府が、関係者が、日本国民が、その数の重みを本当に理解し、これからの日本が進んでゆくことを、唯々祈るだけだ。本当に、そうなっていくだろうか》(『「東京遂に勝てり」1936年ベルリン至急電』より)

 残念ながら、歴史は嘉納の思い通りには進まず、オリンピックは開催されませんでした。しかし、幸か不幸か、嘉納は返上を知ることなくこの世を去っています。昭和13年5月4日没。返上決定の、わずか2ヶ月前のことでした。
 

幻の東京五輪
当時は朝鮮半島も日本でした

広告
© 探検コム メール