埼玉の超巨大地下神殿に行ってみた!

地下神殿
フラッシュの光に浮かぶ地下神殿


 埼玉県の国道16号。この何の変哲もない道路の地下50mに、バカでかいトンネルと地下神殿が眠っています。
 ここは『北の国から2002遺言』や『仮面ライダー555』、『ウルトラQ』『ウルトラマンコスモス』『魔法戦隊マジレンジャー』……あとは釈由美子の「お行き(お逝き?)なさい」で有名な『スカイハイ』に『鉄人28号』など、有名どころのドラマや映画のロケ地としてその筋にはかなり有名なんですな。
 やはりここは現場をチェックしてみるしかないでしょう。
 というわけで、今回はこの地下神殿に「お行きなさい!」



 この神殿は首都圏外郭放水路と呼ばれるもので、一言で言えば、世界最大級の洪水防止施設。
 このあたりは中川・綾瀬川流域といって、中小の河川が多い上、勾配が緩やかなので、大雨が来るたび洪水が起きていました。

 で、河川の水を5本の立坑(直径30m、深さ60m)で取水し、それを直径10mの地下トンネル(6.3km)を経由させて江戸川に排水する、という壮大なプロジェクトなのです。
 
 放水路には幅78m、長さ177m、高さ18mの巨大な調圧水槽があります。この水槽を支えるのが、これまたでかい59本の柱。ここに貯まった水を、1万4000馬力のタービンで強制排出するわけだ。
 
 なんだかすごいプロジェクトですが。
 とりあえず見学に行ってみたよ。

首都圏外郭放水路 首都圏外郭放水路
こちら庄和排水機場。奥には江戸川が広がります


 排水機場に入ってみると、ウルトラマンの司令室に使われたコントロール室が。

首都圏外郭放水路
24時間体制で監視中


 地下には毎秒200トン(小学校のプールくらい)排水できる巨大ポンプがありました。タービンは航空機用を改良したもので、ここで水平回転を垂直回転に変えて排水します。建物の外観にある2本の突起は、煙突の役目をしているわけです。

首都圏外郭放水路
赤いポツポツは二酸化炭素消化器


 排水機場の裏には広大なグラウンドがあるんですが、この下が地下神殿ですな。

首都圏外郭放水路 首都圏外郭放水路
このグラウンドの下に巨大水槽が。右は地下への入口


 いきなりひんやりした空気の中、階段を下りていくと突然巨大柱が! すっげ〜〜〜デカイ!!

首都圏外郭放水路
高さ17mの柱

 ちなみに今回は工事の都合で下には降りられず、本来は立ち入り禁止区域の工事通路から眺めました。つまり、これはわりあい珍しいアングルなんですな。
 残念ながら巨大トンネルは見られませんでしたが、なかなか感動する光景でありましたよ。
 
 さて、この巨大トンネルの成果はどれくらいなのか?

 ●1991年9月の台風18号では、床上浸水4264戸、床下浸水2万7167戸
   ↓
 ●放水路が部分稼働を始めた2002年7月の台風6号では、床上、床下浸水の被害はゼロ

 もちろんこのトンネルは万能ではなく、記憶に新しい2004年10月の大豪雨(台風22号)では、床上浸水69戸、床下浸水695戸となりました。このときは実に1000万トン近い水を排水したそうです。
 導水すると、あまりの水圧でトンネル内でセグメントの一部が剥離するなど若干のトラブルがありましたが、安全性には問題ないそうで……もし地下トンネルが破裂したらすごいことになりますな。
 いずれにせよ、首都圏外郭放水路の予算は2400億円。1回の稼働でだいたい1000万円くらいかかるそうですが、なかなか立派な働き者なのでした。
 
 余談ながら、こうした洪水対策用の地下トンネルは、ここ以外には滋賀県の「大津放水路」(4.7km、工事中)くらいしか存在しておらず、なかなか珍しいスポットなのです。
 まぁ最近の国土交通省はトンネル好きで、地下トンネル自体は霞ケ浦導水事業(那珂川、霞ケ浦、利根川を地下トンネルで連結)とか外環道とかいろいろ進行中なんですけどね。

 それはともかく、このトンネルは本当にスゴイので、ぜひ見学してみてね!

制作:2006年2月4日


<おまけ>
 技術大好きっ子の俺なので、今回のトンネル掘削の技術ポイントを紹介しときます。

シールドマシンの模型 カッタービット
シールドマシンの模型とカッタービット

 この工事で使われたシールドマシンは日立建機が製造したもので、外径7m、長さ8mの巨大掘削機。シールドマシンの面盤は通常より速い回転速度(毎分3回転)で、容易にカッタービット(刃)の交換が可能なため、1日約20m(1カ月で約320m)の掘進が可能だったそうです。
 いや〜、土木王国・日本の技ですな。

広告
© 探検コム メール