東京を襲った大洪水

水没した浅草公園
水没した浅草公園
(後ろは浅草十二階


 明治43年(1910)8月、東京を大洪水が襲いました。雨は上旬から絶え間なく降っていたんですが、9、10日に大豪雨となり、多くの河川が決壊したのです。
 『野菊の墓』で有名な歌人・伊藤左千夫は、恐怖で眠れない夜をこう書いてます。

《宵から降出した大雨は、夜一夜を降通した。豪雨だ……そのすさまじき豪雨の音、さうして有所(あらゆる)方面に落ち激(たぎ)つ水の音、只管(ひたすら)事なかれと祈る人の心を、有る限りの音声を以て脅すかの如く、豪雨は夜を徹して鳴り通した。
 少しも眠れなかつた如く思はれたけれど、一睡の夢の間にも、豪雨の音声におびえて居たのだから、固(もと)より夢か現(うつつ)かの差別は判らないのである。外は明るくなつて夜は明けて来たけれど、雨は夜の明けたに何の関係も無い如く降り続いて居る。夜を降り通した雨は、又昼を降通すべき気勢である》(『水害雑録』)


 というわけで、この帝都東京に空前の被害をもたらした大水害の現場に行ってみたよ!


東京水害浅草 東京水害向島
浅草(左)と向島の惨状


 東京の下町・本所茅場町に住んでいた伊藤は、豪雨がやむと天神川(亀戸天神前の川)の様子を見に行きます。それはこんな感じでした。

《うづ高に水を盛り上げてる天神川は、盛に濁水を両岸に奔溢さして居る。薄暗く曇つた夕暮の底に、濁水の溢れ落つる白泡が、夢かのやうにぼんやり見渡される。恐ろしいやうな、面白いやうな、云ふに云はれない一種の強い刺撃に打たれた。
 遠く亀戸を見渡して見ると、黒い水が漫々として大湖の如くである。四方に浮いてる家棟は多くは軒以上を水に没して居る。成程洪水ぢやなと嗟嘆せざるを得なかつた》


 で、今読むとすごいと思うのが、次の部分。

《何か人声が遠くに聞えるよと耳を立てゝ聞くと、助け舟は無いかア………助け舟は無いかア………と叫ぶのである。それも三回許(ばか)りで声は止んだ。水量が盛んで人間の騷ぎも圧せられてるものか、割合に世間は静かだ。未だ宵の口と思ふのに、水の音と牛の鳴く声の外には、余り人の騒ぎも聞こえない》

 つまり、予想外に静かな被災地で、聞こえてきたのは人の声と牛の鳴き声だけだったというのです。100年前とはいえ、ここは東京なのに、ですよ。

 実は知らない人が多いと思うんだけど、伊藤左千夫は牧場を経営していて、毎日牛乳を売っていたのです。それで、牛の話がよく出てくるんですけどね、しかしちょっと想像できない光景です。

東京水害工兵隊
工兵隊の活躍

 でだ、洪水の被害でいちばん困るのは、浸水や暴風による破壊以上に、悪臭だと言われます。これは現代でも一緒で、下水があふれ出るから、あたり一面信じられない匂いが漂うんだそうです。まして、近所に牛がいる100年前はどれほどだったか。
 そして、そのあとでもっと被害が大きくなるのは、衛生の悪化による病気です。東京府は軍と協力して衛生管理に当たったため、かなり病気の被害は抑えられたようですが、それでも、たとえば1149人が避難した築地本願寺では、8月13日から27日までわずか2週間で、次のような病気が発生したそうです。
 胃カタル10、腸カタル10、腸胃カタル7、気管支カタル7、感冒7、肺結核6、肋膜炎3、脚気13、神経病4、赤痢2、耳鼻症1、腎臓炎1、外傷1……さらに妊娠8、分娩5(『明治43年東京府水害統計』による)。

 結局、この水害は死傷者・行方不明あわせて170人という大惨事となりました。伊藤は、先の『水害雑事』の最後で《人間は苦むだけ苦まねば死ぬ事も出来ないのかと思ふのは考へて見るのも厭だ》と書いていますが、これが当事者の偽らざる気持ちだったんでしょう。

制作:2004年10月11日

<おまけ>
 この大洪水のあとも、東京は何度となく水害に見舞われました。人間の無力さを痛感しますね。

東京の大豪雨
大正13年9月16日の大豪雨 東京・大崎
(写真:「写真通信」大正13年11月号)

東京の大豪雨
大正14年8月26日の大豪雨 東京・赤坂の紀国坂
(写真:「写真通信」大正14年10月号)

広告
© 探検コム メール