シリーズ【技術の時代】製鉄
大砲で国防を

江川太郎左衛門が作った反射炉
江川太郎左衛門が作った反射炉


《そのころは丁度ペルリの来た時で、アメリカの軍艦が江戸に来たということは田舎でもみな知って、同時に砲術と言うことが大変喧(やかま)しくなって来て、ソコデ砲術を学ぶものは皆オランダ流に就いて学ぶので、そのとき私の兄が申すに「オランダの砲術を取調べるには如何しても原書を読まなければならぬ」と言う》(福沢諭吉『福翁自伝』)

 ペリー来航によって喫緊の課題となった砲術(つまり国防)技術は、いかに成立したのか? 今回は製鉄技術にからめ紹介していきます。

 幕末の長崎出島、ここに一人の砲術家がいました。名は高島秋帆。

高島秋帆
高島秋帆(1798-1866)

 オランダ人から西洋砲術の新知識(蘭学)を吸収していた彼は、アヘン戦争(1840)で清がイギリスに破れるのを目の当たりにし、長崎奉行に西洋砲術の採用を建白します。危機感を募らせていた幕府は、さっそく高島を江戸に召還しました。
 天保12年(1841)5月、高島は、徳丸ヶ原(板橋区高島平)全域で日本初の大砲を使った軍事訓練を指揮、人々を驚愕させます。

 高島は得意の絶頂になりますが、反蘭学の漢学派が謀反の罪を着せ、獄中に入れられてしまいます。


日本初の大砲軍事訓練
日本初の大砲軍事訓練

 1853年、ペリー来航
 伊豆・韮山の代官だった江川太郎左衛門英龍は、幕府に砲台設置を進言します。場所は品川沖の台場。ここにいたって、ようやく蘭学は公認されることになりました。

江川太郎左衛門英龍
江川太郎左衛門英龍


 江川は獄を出た高島に師事し、新しい国防の基礎を築きますが、問題は山積みでした。
 もっとも困ったのが大砲の製造。当然のことですが、大砲の国産化には製鉄工場が必要だったからです。

 そこで江川は、地元・韮山に反射炉を作ることになりました。テキストは、オランダ人ヒュゲェニンが書いた『ロイク国立鉄製大砲鋳造所における鋳造砲』でした。
 砂鉄と木炭を炉に入れ高温で燃やすことで、銑鉄が出来る。これがいわゆる「たたら製鉄」。反射炉の炉内はアーチ状に作られていて、天井に熱が反射、輻射熱を利用するこで熱効率があがる仕組みです。
 なお、韮山反射炉は国の史跡として現存しています(冒頭の写真)。

 耐火煉瓦の作成など苦労が続くなか、安政2年(1855)、江川はこの世を去りました。
 しかし、江川の死後も作業は続き、この年、最初の炉が完成、2年後には全4基の炉が揃いました。
 記録によれば、この炉から大小100基以上の大砲が作られたとされています。

 無念の死を遂げた江川ですが、軍事上の業績は数知れないのです。

 大砲の制作に加え、軍隊食としての乾パンの制作、軍隊用語の整備(「気をつけ」「前へ習え」「捧げ銃(つつ)」)、戸田の造船などなど。門下生も1000人を越え、まさに近代日本の礎を作ったといっても過言ではないのです。

 最後に、冒頭で触れた『福翁自伝』から、こんな場面を。

《あるとき兄などの話に、江川太郎左衛門という人は近世の英雄で、寒中袷(あわせ)一枚着ているというような話をしているのを、私が側から一寸(ちょい)と聞いて、なにそのくらいのことは誰でも出来るというような気になって、ソレカラ私は誰にも相談せずに、毎晩掻巻(かいまき)一枚着で敷布団も敷かず畳の上に寝ることを始めた》

 1801年に生まれた江川英龍。まさに日本の19世紀を具現したような存在でした。

制作:2002年1月20日


広告
© 探検コム メール