阿部定事件
「史上最高の純愛物語」を全文公開

阿部定
逮捕された阿部定


 1936年5月18日、世の中を震撼させる事件が起きました。
 東京市荒川区尾久の待合で、女が愛人の首を絞めて殺し、局部を切り取ったのです。いわゆる「阿部定事件」です。

 当時の新聞は、

《待合のグロ犯罪/夜会巻(やかいまき)の年増美人/情痴の主人殺し/滴(したたる)る血汐(ちしお)で記す「定、吉二人」/円タクで行方を晦(くらま)す》(『東京日日新聞』)

 とセンセーショナルに見出しを打ちました。事件は、二・二六事件後の閉塞感漂う世相の中で、きわめて屈折した盛り上がりを見せます。


 1905年5月28日に生まれた阿部定は、江戸時代から続いた畳屋の娘で、裕福に育ちました。ところが、家運が傾いたことで、身を持ち崩し始めます。
 17歳ごろ芸者となって、日本各地を転々とします。そして、30歳のとき、女中として働いていた東京中野にある「石田屋」の主人・石田吉蔵を、性交中に殺害するのです。

 いったいなぜ、阿部定は情夫を殺したのか? なぜ陰部を切り取り、持ち去ったのか?

 実はこの事件では、阿部定の予審調書(予備審問における自供調書)が世間に流出し、そのあたりの話が、すべて本人の口で語られています。

 たとえば「どうして殺したのか」と聞かれ、こう答えています。

《私はあの人が好きでたまらず、自分で独占したいと思いつめた末、あの人は私と夫婦でないから、あの人が生きていれば、ほかの女に触れることになるでしょう。殺してしまえば、ほかの女が指一本触れなくなりますから、殺してしまったのです》(第1回尋問)

 つまり、愛する果ての殺人だと語ったのです。


 世間では「阿部定は色キチガイだ」との意見も出ましたが、これに対しても、きっぱりと否定しています。

《私が変態性欲者であるかどうかは、私の今までのことを調べてもらえば、よくわかると思います。今までどんな男にも、石田と同じようなことをしたわけではありません。今まで“自分”を忘れて男と関係したことはなく、好きな男だと思い、金をもらわないで遊んだこともずいぶんありますが、それでも自分を忘れず、時と場合とを考えて、簡単に別れておりました。今まで私はそれくらい理性が勝って、男にビックリされたこともありました》(第6回尋問)


 阿部定は、事件から2日後に逮捕されました。

阿部定逮捕を伝える朝日新聞
逮捕を伝える朝日新聞


 1936年12月22日、東京刑事裁判所で懲役6年を言い渡され、栃木刑務所に服役します。ところが1940年の「紀元2600年」式典による恩赦で刑期が半分になり、1941年5月17日に出所します。

 その後、1948年には『阿部定手記』を出版、1969年には映画『明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史』(石井輝男監督)に出演しました。

 そして、1974年頃を最後に行方がわからなくなっています。


 そんなわけで、阿部定の予審調書を全文公開することにしました。
 ここには、15歳のときに慶応の学生から半ば強制的に初体験させられたこと(第2回)、石田との情交(第4回)、局部を切り取ったときの様子(第5回)、警察に逮捕されたときの様子(第6回)などがすべて詳細に語られています。

 猟奇的な記述・表現が含まれていますが、歴史上まれに見る純愛物語と言っても過言ではありません。


 ちなみに石田を殺した際、阿部定は石田宛の遺書を書いています。そこには、短くこう書いてありました。

「私の一番好きなあなたが死んで私のものになりました。私も直(す)ぐ行きます」


制作:2012年6月10日

<おまけ>

 逮捕の直前の様子を当時の新聞から書いておきます。

 事件翌日、品川駅前の旅館に泊まった定は、女中が運んできたビールを2本飲み、刺身、吸い物、おでんで食事を済ませました。そこで按摩を呼び、1時間半マッサージをしてもらいます。

 この按摩の証言。
「夕方7時半頃、男の按摩との注文で私が行きました。揉み始めると、『あんた新聞読んだ? 私、怖いから見出しだけしか読まなかったから、聞かしてちょうだい』と言われたので、新聞で読んだ話を聞かせ、下腹部を切った話をすると、ニヤッと笑った様子がさも満足そうな微笑で、ゾッとしました。
 右の臀部を揉むと、とても痛そうにし、いくど布団をかぶせても、だらしない格好をされるのには困りました。終わってから女中にまたビールを頼み、私にも『一緒に飲んでいけ』と言いましたが、『絶対にいただけません』と逃げるようにして帰ってきました」


 按摩のあと入浴し、その後「目が悪いから」と言って眼帯を買ってこさせると、枕元の洗面器に水を満たして、23時頃就寝。

 翌日は8時に起き、風呂を頼むものの、まだ沸いていなかったため、蟹で朝酒を注文。しかし蟹もなかったので、柳川鍋を寝床で食べる。10時頃、6円40銭の宿代に1円ご祝儀を加えて会計し、さらにマグロ寿司を寝床で食べた。
 17時頃、警察が来ると、「あらそう」と言いながらニヤリと笑った。刑事に連れられて宿を出るとき、持っていたのはハトロン紙に包んだ石田の陰部だけでした。冒頭の写真で手に持っているものこそ、石田の陰部なのでした。


<おまけ2>

『堕落論』で有名な坂口安吾が、出所後の阿部定と雑誌で対談し、感想を書いています。

《だいたい、女というものは男次第で生長変化のあるものだろうと思いますが、相手の吉さんという男にはマゾヒズムの傾向があったと思いますが、お定さんは極めて当り前な、つまり、一番女らしい女のように思われます。東京の下町育ち、花柳界や妾などもしていましたから、一般の主婦とは違っていますが、然しまア最も平凡な女という感じを受けました。》

 阿部定は「あれが自分には一代の恋だった」と言って、こう付け足したそうです。
「世の中の大概の女の人は一度も恋をしないで死ぬ人も多いのだから、私は幸福なのだろう」と。
阿部定
予審調書は地下出版だけに、巻頭イラストも珍妙

広告
© 探検コム メール