写真で見る「幕末の日本」

入れ墨
彫り物

 幕末から明治のはじめと聞くと、ずいぶん昔のような気がします。
 ですが、意外に写真が残ってるんですね。これは、写真家の元祖・下岡蓮杖が頑張って撮影してくれたからです。日本初の写真館を開いたのは鵜飼玉川だとされますが、一般的には横浜の下岡蓮杖と長崎の上野彦馬が文久2年(1862)年に開いたのが最初とされます。
 下岡の業績は素晴らしく、江戸城などの風景写真も、ほとんど撮影しています。
 そんなわけで、幕末の写真を一挙公開です! まずは職業カタログから。

甘酒売り 飛脚
甘酒売り、飛脚


按摩 声色屋
按摩、声色屋



蒔絵師 目明かし
蒔絵師、目明かし


町医者
町医者


傘屋
傘屋


虫売り
虫売り


桶屋
桶屋


扇子屋
扇子屋


ザル屋
笊屋(ざる屋)

 あと寺子屋の写真はこちら。ついでに、当時の生活ぶりがわかる写真も公開しときます。

化粧
化粧


カルタ遊び
かるた遊び


酒興
酒興
↑これなんか、本当に楽しそう

制作:2012年10月28日

広告
© 探検コム メール