「皇族」の誕生
あるいはプリンスホテルのはじまり

旧竹田宮邸
旧竹田宮邸
(現在の高輪プリンスホテル貴賓館)

《新高輪プリンスホテルは16階建てだが、部屋数がホテルニューオータニや京王プラザなどと並ぶ規模で、敷地の広さを主張する数字になっている。その広い敷地の一角に、やはり、古い洋館が建っている。
 さらに、隣接した敷地に昭和46年に建てられた高輪プリンスホテル(418室)があるが、そこにも2階建ての洋館が附属している》(猪瀬直樹『ミカドの肖像』)

 
 高輪プリンスホテルに附属する洋館は、その昔、竹田宮という宮家の邸宅でした。新高輪プリンスホテルの洋館は、同じく北白川宮の邸宅でした。
 竹田宮にしても北白川宮にしても、今の日本人はほとんど聞いたこともないはずです。しかし、戦前は確たる地位を占めていた「皇族」です。
 いったいその皇族たちは、どこから来てどこへ行ってしまったのか? 今回、本サイトでは、この「皇族」について大研究します!


 
 そもそも宮家(皇族)とは何か? わかりやすく言えば、天皇家が断絶の危機にあるとき、代わりに次の天皇を即位させる「家」のこと。代打というか、予備というか。実は鎌倉時代以来の伝統があるんですが、本格的に成立したのは室町時代です。
 一番最初の宮家とされるのが、亀山天皇の皇子(恒明親王)を始祖とする常磐井(ときわい)宮です。これは室町中期まで6代にわたって存続しましたが、ここで断絶。続いて後二条天皇の皇子(邦良親王)を始祖とする木寺宮が作られましたが、こちらも室町中期に断絶しました。
 
 1390年代の終わりに創設されたのが、崇光天皇の第1皇子・栄仁親王(よしひとしんのう)が始祖となった伏見宮です。この伏見宮は、その後550年間続き、ほとんどの皇族はこの系統から誕生しています。まさに宮家の中の宮家というわけ。
 
 この後、
●1589年(天正17年)、豊臣秀吉の奏請によって桂宮(明治14年廃絶)
●1625年(寛永2年)、有栖川宮(大正12年廃絶)
●1710年(宝永7年)、新井白石の進言で閑院宮
 が創設されました。伏見宮、桂宮、有栖川宮、閑院宮の4つを4親王家と呼んでいます。1864年には、山階宮が創設され、明治維新はこの5宮で迎えました。

閑院宮邸 山階宮邸
永田町の閑院宮邸(左)と飯田橋(富士見)の山階宮邸

 
 明治に入ると、皇族の諸制度は一新します。
 天皇家と皇族の地位は明治22年(1889年)の「皇室典範」で決められているのですが、実は同じ年の「大日本帝国憲法」冒頭に「告文」というものがあって、そこにこんなことが書いてあるんです。

《神の宝祚(ほうそ)を継承する朕(明治天皇)が、皇室典範と憲法を制定する》

 つまり、皇室典範は憲法と同等(というよりはるかに上)な法規なわけで、下々の法律から超越しているのです。下々には関係ないから、公布もされませんでした。ちなみに妾も免税も認められていて、絶対権力のすばらしさがわかるというものです。
 
 さて、ここで次の資料を見てほしいんだな。明治24年の宮内省の内部資料(原本)で、皇族に下賜した土地の記録簿です。

皇族賜邸地調
皇族賜邸地調(明治24年12月)


 つまり、皇族のシステムが完成した2年後には、全部で8の宮家があったことがわかります。
 以下、表組みにしてみると、

宮家
明治24年の住所
坪数
現在は?
有栖川宮
麹町区霞ヶ関1-2
(明治29年、麻布区盛岡町へ)
13514
国会前庭の南地区
(有栖川宮記念公園)
小松宮
神田区駿河台袋町、南甲賀町
(明治28年、赤坂区溜池葵町の12000坪を下賜)
5267
明治大学
(ホテルオークラ)
山階宮
麹町区富士見町5
3894
東京逓信病院?
久邇宮
京都下立売御門内
(明治32年?、麻布区東鳥居坂町の924坪を下賜)
3000
京都御所
(聖心女子大学)
伏見宮
麹町区紀尾井町2
(後、豊多摩郡中野町を下賜)
18032
ホテルニューオータニ
(中野区中央1の小淀公園)
閑院宮
麹町区永田町
5243
衆議院議長公邸
華頂宮
芝区三田台町1-5
5377
三田亀塚公園
梨本宮
麻布区市兵衛町2-13
(後、元青山北町14000坪を下賜)
4786
六本木3丁目、民間所有
(渋谷1丁目、児童会館近辺)

 このように、現在では、ホテルや公園、大学などに変わっていることがわかります。

 明治以降、皇室の繁栄のために多くの新宮家が創設されました。明治末に存在した宮家は、上の8家に北白川宮、東伏見宮、竹田宮、賀陽(かや)宮、朝香宮、東久邇宮を合わせた14宮家です。
 
 大正時代に入るとさらに宮家ができましたが、その後いくつかが断絶、結局、1945年の敗戦を迎えたのは、全14宮家。GHQはこの14のうち、秩父宮、高松宮、三笠宮のみ残して、すべて廃絶してしまいました。その秩父宮も1995年に断絶、現在は、高松宮、三笠宮、秋篠宮、常陸宮、高円宮、桂宮の6家のみ存在しています。


 
 さて、面白いのはここから。GHQによって皇室離脱した宮家は、つまり民間人になってしまったわけで、戦後、いきなりの貧乏生活に困窮してしまいます。やむなく、土地を売り払うのですが、それを買い占めたのが、堤康次郎。衆院院議長であり、西武グループの創始者でもあります。
 では、どれほど買い占めたのか。上の表以外の皇族の土地を見てみましょう。

 まずは品川駅前の東久邇宮邸跡地ですが、これは現在、京浜急行系のパシフィックホテルになっています。六本木1丁目の旧宅跡地は国有地を経て民間所有です。
 また賀陽宮邸跡地は千代田区・千鳥ヶ淵の戦没者墓地になっています。

東久邇宮邸の庭園
麻布御殿と呼ばれた東久邇宮邸の庭園
(市兵衛町、現在の六本木)

 
 そして、なんと、これ以外のすべてを、西武は買い占めているのです。

●北白川宮邸跡 新高輪プリンスホテル、邸宅は「高輪プリンス会館」(現在は取り壊し)
●東伏見宮邸跡 本邸は東宮仮御所、別邸は横浜プリンスホテル貴賓館
●竹田宮邸跡  高輪プリンスホテル貴賓館
●朝香宮邸跡  西武の買収後、反対運動で東京都庭園美術館に。軽井沢の別荘は千ヶ滝プリンスホテル
●李王家邸跡 (大正13年、旧北白川宮邸を下賜)赤坂プリンスホテル旧館

北白川宮邸 旧李王家邸
北白川宮邸(左)と旧李王家邸(背後は赤プリの新館)


 恐るべし西武の政治力。
 ちなみに前述の『ミカドの肖像』で、堤義明はこんな発言をしています。

《新しく土地を手当てしたところでは、(客室)7割稼働を維持しなくてはなりません。しかし、すでに土地を用意しておいたところにつくる場合は、(5割稼働でも)やっていけます。ホテルというものは、新しく土地を買って始めるというものではないんです。すでにある土地をどう利用するのか、と考えてホテルをつくったわけです》

 まさにプリンスホテル王国の誕生でした。
 

制作:2004年11月13日

軍部の土地について

<おまけ>
 
 西武グループは、国内に4000万〜4500万坪という広大な土地を所有しています。バブル期にはこの土地の評価額は12兆円とも言われましたが、今では1兆円を割り込んでいるとされます。
 土地を担保に借りた資金をさらに土地購入に充てる「バブルマジック」は、あっさりと破綻してしまいました。2004年10月25日、コクドは箱根仙石原プリンスホテルを約30億円で日産自動車に売却しています。ホテルを売却するのは初めてのことで、まさに西武グループの解体は、今、始まったばかりなのですな。

<おまけ2>
 テレビ東京系『ガイアの夜明け』(2005年3月8日オンエア)および『ザ・真相4』(2005年6月20日オンエア)に、本サイトが資料提供しました。なんでも旧皇族邸の写真は、現在、どこにも残ってないんだそうです。
 その証拠はこちら↓
「探検コム」のエンドロール 「探検コム」のエンドロール
「探検コム」のエンドロールを見よ!

広告
© 探検コム メール