吉田初三郎版「東京鳥瞰図」

東京鳥瞰図
これが皇居

 鳥瞰図の神様・吉田初三郎の東京鳥瞰図を公開しておきましょう。
 
 『吉田初三郎のパノラマ地図』(平凡社)によれば、東京全体を描いた鳥瞰図はこれが唯一だそうです。唯一ということで希少価値はあるんですが、東京駅や皇居は比較的丁寧に描かれているものの、あとはけっこう手を抜いている感じも否めません。
 色もモノクロなのが痛いですな。この絵図は『少年倶楽部』16巻11号(1929年)の付録で、表には日本地図がカラーで印刷されていて、これはその裏面。せっかくの鳥瞰図を裏にするなよと言いたいですが、そもそも『少年倶楽部』の付録って豪華で有名だったんだから、裏もカラーにして欲しかった!
 まぁ、いまさら文句を言ってもしょうがないですが。

 ともかく鳥瞰図を見てみよう。『吉田初三郎のパノラマ地図』にも掲載されていないので、これが初公開です!

東京鳥瞰図
靖国神社ー東京駅ー日本橋ー上野ー隅田川


 さて、吉田初三郎は明治17年(1884)に京都で生まれ、京都三越の友禅染図案部で働いていました。21歳のとき日露戦争が起こり、輜重兵(輸送兵)として徴兵されます。
 その後、一人で東京に来て、浅草の絵看板などを手がけていましたが、どうも初三郎自身、あんまり東京のことは好きじゃなかったような気もします。
 やっぱり旅を演出する絵師としては、帝都東京は食指が動かなかったのかも知れませんね。

東京鳥瞰図
台湾ー朝鮮ー名古屋ー渋谷
 


東京鳥瞰図
こっちは樺太ー北海道ー銚子ー浅草


東京鳥瞰図
これが全体図


制作:2004年3月22日

●鳥瞰図の世界総論
●初三郎『日本八景名所図会』
●初三郎『関東大震災鳥瞰図』
●初三郎鳥瞰図自由自在(FLASH版)

広告
© 探検コム メール