そして、広島は消滅した

消失前の国宝・広島城
消失前の国宝・広島城
1599年毛利輝元が築城、1945年原爆で消滅、1958年復元


《その時、電車の左側三メートル位の所で、フラッシュ様の、とても強烈な光球が眼に映じた……が、その後は、真くらで、何も見えなくなってしまった。どす黒い何かに包まれてしまった》

 井伏鱒二『黒い雨』の元ネタである『重松日記』(重松静馬)は、原爆が光った瞬間をこう綴っています。この瞬間、31万の人口を誇った日本第7位の都市が壊滅しました。そして第5師団司令部とともに、国宝・広島城もこの世から消え去ったのでした。
 というわけで、今回は、消え去った広島の写真を発掘!


消失前の広島
これが戦前の広島マップ(昭和10年)

《紙屋町の電車交叉点にたどりついた。垂れた架線と電線は、交叉点だけに非常に多く入り乱れていて危険だ。左に折れて、相生橋から左官町に出ようと思ったが、熱くて進めそうもない。右に曲がっても熱くて通れそうもない。
 ……西練兵場の入口に来た。土手の西面の草は焼けて、何一つない。練兵場の樹木は炭細工の様だ。葉は一枚もない。仮の陸軍病院も師団長官舎も護国神社(作者注・地図の招魂社)も広島城もない。
 ……護国神社の堤に近寄った。堤に歩哨が立っている。近寄ってみると、堤に背をもたせて眼をぱっちりと開いた死人の歩哨だ。広島城跡の西角の石垣に、出前持風の青年が、自転車に乗ったまま、石垣にもたれて死んでいた》(「重松日記」)


消失前の広島大本営消失前の広島招魂社
左・大本営跡(明治27年8月から8ヶ月間、日清戦争で使われたもの)
右・官祭広島招魂社(昭和9年、旧招魂社を大々的に造営し直した)


これが「原爆ドーム」破壊前の写真!
消失前の広島原爆ドーム
 大正4年(1915)完成したヨーロッパ風建築の産業奨励館。昭和20年8月6日午前8時15分、この建物から南東約160メートル、高度約580メートルで原爆が炸裂しました。
「重松日記」によれば《広島屈指の頑強な建物と云われた産業奨励館と物産陳列館が、上半身を無惨に打ち毀されて、死人の様にたっている》

 そして、被爆後の画像。
広島


制作:2001年8月15日

長崎の被爆写真

広告
© 探検コム メール