What's NEW !
2004年

<2004年12月29日>
 今年最後の更新は明るいネタにしようと思ってたんですが、まさか巨大津波が起きるとは。今年は天災が多くて気分が暗くなりますな。

<2004年12月20日>
 アメリカの情報公開法を駆使して、田中角栄失脚の真相に迫った衝撃の本を読みました。そこで、本サイトも、日本で情報公開にチャレンジです。政府はロッキード事件にどう対応したのか? 外務省と内閣府の内部資料、初公開です。

<2004年12月13日>
 もうすぐクリスマス。今年は誰よりも豪華なプレゼントを手に入れるべく、韓国で金鉱探しに行ってきたよ。

<2004年11月24日>
 新潟県中越地震からちょうど1カ月。そこで、今回は地震予知の歴史を調べに安政時代までさかのぼります。実際のところ、科学的には予知なんて不可能なようですが……とはいってもねぇ。

<2004年11月13日>
 西武鉄道の上場廃止で、発行株式4億株が大暴落。株主の怨嗟の声を受けて、本サイトではプリンスホテルのはじまりについて大研究です。「皇族の誕生」あるいはプリンスホテルのルーツは鎌倉時代?

<2004年11月1日>
 あと5年で、地価は半額になる? そんな予測にビックリしたんで、5分でわかる日本の土地私有の歴史です。あと、リンクがらみで大蔵省の誕生も更新です。今日から、新紙幣も発行だしね。
 ちなみに樋口一葉の『たけくらべ』を青空文庫で検索してみたら、「大方臨終(おしまひ)は金と情死(しんぢう)なさるやら、夫れでも此方(こち)どもの頭(つむり)の上らぬは彼の物の御威光」なんて表現を見つけました。金持ちはいつだって偉いわけですな。

<2004年10月22日>
 ミャンマーで政変が起こり、穏健派の首相が解任されました。これで軍事政権のトップ全員が強硬派となったので、この国の民主化はまたもや遠のいてしまいました。いったいなぜ軍事政権はかくも維持されるのか? その秘密はもちろん巨額の麻薬利権にあるわけで、本サイトとしても、ゴールデントライアングルに行って、ケシ探し?

<2004年10月11日>
 今度は台風22号が東京直撃。そこで、前回に引き続き、今回も水害ネタです。明治43年に起きた、過去最大規模の東京大洪水の現場に行ってみましょう。それと、リンクがらみで浅草十二階も更新しときました。

<2004年10月4日>
 今年はずいぶんと台風の当たり年で、全国で被害が多いですね。そこで、日本史上最大だった室戸台風の現場を見に行って、防災意識を高めましょう。これが五重塔を吹っ飛ばした台風だ!

<2004年9月21日>
 今から99年前の9月、東京で市民の大暴動が起こりました。世に言う「日比谷焼打事件」ですが、この騒動は、多くの日本人にとって納得のいくものでした。その理由を、ある地方の村役人の目で追ってみます。今回は、新資料で見る「銃後の日露戦争」です。

<2004年9月10日>
 9・11テロから3年。アメリカ大統領選挙ではずいぶんと「強いアメリカ」が強調されてますな。そこで、今回はアメリカでいちばん強い男にアポなしで会いに行ってみたよ! 

<2004年8月29日>
 最近、よそのサイトから「この作者、アブナくない???」などと書かれてる本サイトですが、オレは危なくないよ、と。で、今回は自衛隊の演習を見に行くという危ないネタです。

<2004年8月15日>
 今年も終戦記念日がやってきましたが、アテネオリンピックで、誰も気にもとめてませんな。本サイトも今年は太平洋戦争から離れて、平和を祈念した博覧会に行ってみることにしました。大正11年、第一次世界大戦後に開かれた平和紀年東京博覧会です。

<2004年8月11日>
 今年は平和な夏休みなんで、熊本の日本一の階段3333段へ行ってきました。いまだに足の筋肉痛が治りません(涙)。

<2004年7月19日>
 夏休み直前! 今回は東京から2時間の伊豆高原で、幻の滝を探してみました。はたしてその成果は?

<2004年7月11日>
 アテネオリンピックまであと1ヶ月。しかし、予想以上に工事が遅れてて、不安は募るばかり。そこで無事に開催されることを祈って、今回は、昭和15年・幻の東京オリンピックへ行ってみることにしたよ。

<2004年6月21日>
 ドラマ『北の国から』の杉田成道監督の母校は、愛知県豊橋市の八町小学校です。今回は、この小学校を舞台にした、ひとつの戦後復興の物語。新資料で綴る「天皇巡幸」です。

<2004年5月31日>
 愛知万博の開催まで300日を切りました。すでに気分は万博モードなので、リニアモーターカー開発史を公開しておきます。リニアモーターカーはずっと博覧会を中心に成長してきたんですよ!

<2004年5月23日>
 小泉首相の2度目の訪朝は大失敗でした。家族5人の帰国に対し、25万トンの食糧支援+1000万ドルの医薬品提供+経済制裁の否定。自主流通米価格形成センターのホームページによれば、ブランド米の指標価格は60キロで18000円程度ですから、25万トンなら750億円。どう安く見ても600億円は行くでしょう。
 だいたい北朝鮮で生まれ育った人間は「日本を敵国」だと教えられてきたわけで、そんな敵国で暮らす帰国家族の気持ちは想像を絶するものがあります。というわけで、今回はあえて北朝鮮の革命オペラを公開しておきます。
(※5月26日、食糧支援は小麦・トウモロコシに変更したため、70-80億円相当と政府発表)

<2004年5月9日>
 前回の予告通り、カリフォルニアにある幻の日本人町公開です。まさかアメリカで鳥居を見るとは!
 あと、ちょっと気になったので、ついでにベトナムの珍宗教ツアーも更新しておきました。

<2004年5月2日> 収録画像1000点突破記念
 ゴールデンウィーク特集。カリフォルニア現地取材による移民の歴史です。今回は「排日移民法」について。次回は「アメリカ・幻の日本人町を行く!」です。

<2004年4月12日>
 イラクは大混乱状態で、アメリカの占領政策は大幅に変更を強いられそうですな。
 考えてみれば、その昔、イラクはトルコの支配にずいぶんな抵抗をしたわけで、まさに歴史は繰り返す、と。そこで今回は、イラク独立への道を、アラビアのローレンスを軸に追っかけます。

<2004年4月1日>
 今年から上野公園の花見は酒の持ち込み禁止だとか。くやしいので、禁酒法についてまとめときます。もしかしたら、ちょっとウソが入ってるかも。エイプリルフールだから。

<2004年3月22日>
 【鳥瞰図の世界】を体系的に?まとめることにしました。まずは新たにおこした総論と、大御所・吉田初三郎の唯一の「東京鳥瞰図」を公開しときます。

<2004年3月3日>
 現在、アメリカ軍が基地にしているバグダッド国際空港って、日本が建造したって知ってました? ほかにも、高速道路やらプラントやら、日本はイラクで数多くの社会インフラを造ってきました。しかし、それらほとんどはアメリカによって破壊され、アメリカによって復興されることになりました。日本の権益はあっけなく奪われてしまったわけです。そこで、日本が造った巨大慰霊塔に行って、レッツ鎮魂の旅!

<2004年2月18日>
 今年は日露戦争100年。日露戦争に関しては司馬遼太郎の『坂の上の雲』の影響かさほど批判されませんが、最近はとにもかくにも「戦争は悪だ」と言いつのる人も多いもので……しかし本サイトとしては、そうした批判を無視して大特集を行います(別に軍国主義ではなくってよ)。まずは総論としての写真大年表。さらに「講談で読む日露戦争」です。今後、巨大リンクが張られる予定!!

<2004年2月10日>
 シリーズ【翼にかけた夢】エアガール(スチュワーデス)の誕生です。バスガールについても更新しときました。

<2004年2月3日>
 もう2月になってしまいましたが、今年の年賀状の撮影場所を公開しときましょう。日本有数の珍スポット・大観音寺です。今回は、俺が編集者なら絶対ボツにするようなひどい構成なので、ご勘弁ね。

<2004年1月26日>
 船の科学館で公開中の「北朝鮮の不審船」を見に行ってきました。予想よりはるかにでかくてビックリ! しかし、工作船のなかでは小さいんだとか……。

<2004年1月13日>
 年賀状、今年は来るのが遅くて寂しかった俺ですが。民営化騒動で配達どころではないのかな? しょうがないので、そんな郵便局の未来像「ロケット郵便局」を公開です。これは今年の新連載【われら科学の子】第1回に当たりますです。


<これ以前の更新履歴>

2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年  2000年  1998〜1999年

広告
© 探検コム メール